Light UP ライトアップ(世田谷区若林)

世田谷若林の電気屋さん。お問合せはプロフィール欄からお気軽にどうぞ!

求めているものは何か 2。

前回の続きです。

 

御見積を提出して数日後、ご担当者の方から連絡があり、

「どうやら交換予定のほうの1台は他店さんで安く交換したみたいです。ですので、ライトアップさんはもう1台の古い機器の復旧だけお願いします」とのこと。

 

御見積通らなかったか~と、思いはしましたが今回は費用を安く抑えるのが1番の目的。その1番に協力出来なかったことは残念ですが、お客様が満足であればそれでいいのです。

 

そして、ここからが本題。

古い機器の復旧当日。

左が今回復旧する機器のダクトカバー。左が今回作業する既設機器。右が他社さんで交換した新品。

細かい説明は省きますが、エアコン室外機の右側は通常メンテナンススペースとして30cmほどのスペースが必要です。でないと配管が接続できません。

で、私の作業するのは左側。

写真はありませんが、どうしても、右の室外機をずらさないと作業が出来ないので恐縮ながら新品さんのダクトカバーを仮外し致しました。

あまり他の方のお仕事を否定しませんが、、、真空ポンプで真空引きしている間、勉強も兼ねてダクトカバーのネジ部分を見てしまいました。

 

あれ??

分かります?外壁に打ち付けているネジ部分に一切防水処理してないんです。

しかもネジは普通の木ネジ、、、。

せっかく、ベランダの防水やったのエアコン工事の防水が甘いなんて、、、。

 

なんだかちょっと残念です。

中には「ビスが密着しているから平気だ」とか、「一般的な住宅は10年に一度外装の塗り替え(防水)をやるからいいんだ」とか言う業者さんもいますが、、、私はどうなのかな?って思っています。

 

実際、外壁に面した配線器具(コンセント、スイッチ)は錆びによる劣化が早い傾向にあります。

それはやはり、どこからか湿気や水分が回り込んだり、温度差の結露による影響なんだと思います。

せっかく最近の住宅というのは通気と気密を大事にしているのに上記のような仕事を見てしまうと、う~~ん。となってしまいます。

そして、写真中央のグレーの信号線。一部メーカーを除き、基本的には2.0mmというサイズ指定になっております。

ですが、その一部メーカーでないのに1ランク下の1.6mmという一回りしたのサイズの信号線を使っています。

実はエアコン信号線の差込口の仕様はが2.0mmの仕様のものが多いんです。

そこに1.6mm(指定より細いもの)を使うと、接点不良による不具合を起こす可能性があるんです。

問題が起きたら、、、メーカーサービスの方が対応してくれないこともあるそうで。

ちなみ2.0mmと1.6mmではもちろん後者のほうが仕入れが安い。扱いも楽です(ケーブル自体が柔らかいので)。

 

 

 

そして、今回のタイトルの「求めているものは何か」。

 

たしかに今回のように穴あけした場所の防水処理をやらなかったり、

指定サイズ以下のサイズのケーブルを使うことで作業の省略化、

もっと言ってしまえば工事の低価格化も可能なんだと思います(やったことないので分かりませんが)。

 

そうすれば、今回第一条件の「安く済ませる」ことは可能です。

目的に近づきます。

実はそこで、「しかし品質は???」となってしまうのが通常の業者さんなんです。

 

業者さん、それぞれの品質の線引きもあります。

「金額=品質」を感じる場面もありますし、品質を維持したまま頑張っている業者さんも沢山いらっしゃいます。

「安いから、そこまでそんなにやんなくてもいいよ」と言っている業者さんもいます。

 

なんだかそういう環境の中、「答え」を出し、進むことが必要であり、

もっとお客様が何を求めてるかをしっかりと考える必要もあると思うんです。私は。

 

 

お互いに金額=品質ではなく、

金額<品質となった時が一番気持ちのいいものですしね。

 

これからはこういった色々な業者さんが入るパターンが増えると思います。

特に電気は見えない部分が多い。

今以上にお客様自身へのしっかりとした説明も必要になることと感じました。

 

今回はご希望に応えられませんでしたが、

また困ったことがあったらお声をかけて欲しいと思っております。

販売がメインでないので営業・セールストークは苦手ですが、、(汗)

 

 

それでは、また~。

 

 

求めているものは何か。

先日はこの時期らしくエアコンの工事へ行ってまいりました。

 

と言っても、交換や新設といったものではなく、

「ベランダの防水を新しくするので室外機を一度切り離して、工事期間中だけ室外機と冷媒配管を作業の支障のないところに移動してほしい」と、リフォーム会社さんからのご依頼でした。

 

完璧な防水をするにはやはりエアコンの室外機の足の部分がどうしても、防水塗装できないことが有ります。

配管の取り回しや室外機の重量によっては防水業者さんがそのまま吊り上げるようですが、今回は2台。しかも1台は14畳クラス。

室外機本体も吊り上げておくには危険ということでお声がかかりました。

 

かな~り古い機器でしたが、無事に冷媒ガスを室外機に閉じ込めることが出来(基本的には本体が正常に動かないと、この作業が出来ません)、配管を切り離し。室外機をベランダから移動。

 

作業に目処がつき、お客様とお話していると「このエアコンも古いよね~」と言うお話をされたので、

正直にお話させていただきました。

実は設置されたいたエアコン2台は約20年前のモデルでして、現在ルームエアコンでは使用されていない冷媒ガスで故障時ももちろん対応外。補給部品もとうにありません。

 

 

本来であればベランダの防水塗装が目的でありますので、費用をかけたくないのも非常に分かります。私の作業も無償ではありませんし。

 

特に2台のうちの1台は、内機が3階で外機が2階という組み合わせ。既設の配管の設置条件により、どうしてもハシゴの作業となってしまいます。

正直なところ新品への入れ替えが妥当ですが、そこは本来の目的ともまた逸れてしまうし、ハシゴ作業となってしまうため、金額的にも作業的にも通常のエアコン工事とは少し異なります。

リフォーム会社さんへ連絡し、「ハシゴ作業が発生してしまう1台は今のまま復旧、もう1台は新品へ入れ替え」ということでお話がまとまり、後日御見積を提出致しました。

 

 

そして、御見積を提出した数日後、お返事がありました。

私どもの御見積は通らず、他社さんで交換を行ったそうです。

 

(つづく)

 

 

 

 

せーの、そーれ!

先日、下積み時代からお世話になっている電気工事業者さんの応援作業へ行って来ました。

 

配線途中の天井ウラです。

お昼はしっかりとりましたが、ジメジメと暑い中、先輩方と一緒に汗をながし

唯一、待機状態(ひと息つける時)となったのがここ(笑)

 

配線終了後は分電盤及び二次側(今回は空調機でした)の結線などなど作業は盛りだくさん。

 

しかし、前日までの先輩方のこなした仕事量を聞いていたら、ものすごいボリュームをこなしていたので、、、驚きとプレッシャーが同時に訪れました、、、。

 

当日は何とか形になり、少しは協力出来たのかな?と思っております。

 

久しぶりの先輩方とのお仕事。

いろいろな刺激も受けまだまだ私も勉強途中なんだと改めて実感しました。

 

皆さん、お疲れ様でした!

 

梅雨入り中ではありますが、台風が発生していますね。

大雨による土砂災害なども発生しますので皆様もご注意お願いします。

 

 

特に梅雨時期から夏場の台風の時期にかけては

雨漏りによる漏電や強風などでのアンテナ倒壊などの緊急対応も増えていきます。

 

お家の気になる部分がありましたら早め早めのご対応をオススメします。

 

よろしくお願いします。

 

ピンポン。

梅雨入りしたのに日差しがさす日が多いですね。

先日はインターホン~ドアホンの交換を行いました。

 

インターホン、ドアホン、ピンポンなど色々な言い方が有りますが、

分かりやすいようにピンポンと言う場面が多いですね。

 

撤去前には必ず配線の確認。

 

室内子機、火災警報器、ガス警報機に繋がっているのが分かりますね。

今回は基本的に玄関で押すボタン以外は基本的に切り離し。

 

どこまで撤去して、どこまで更新するか?

事前の打ち合わせ・調査が必要です。

 

こちらは施工後。

昔のインターホンですと、現行のものより大きく2面分のサイズがあるものがほとんど。

機器が埋め込みで施工されていることも多く、

新しいものに交換してしまうと穴が出てしまう、、、とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

今回もそういった事例。

費用をあまり掛けたくないという事でしたので内装業者さんを入れずに私のほうで

写真のような木板を準備し、穴ふさぎを行い、機器の交換も行いました。

 

ちなみにこの木板。電気屋さんならみなさん使ったことはある板。

 

実は電気メーター用の木板です。

最近では使わなくなりましたが、戸建ての住宅に電気メーターに使われてたり、今でもアンテナ配線でも使われます。

 

これなら手軽に入る、、、と思いきや手持ちの物も無く(汗)、

良い色味のものが無く、結局オーダー制作になってしまいました。

 

製造元に直接連絡し、

色味の確認だけで済むと思っていたのですが、

「何故今更この木板を使うのか」

「内装のどこに使うのか」など木工所の方に沢山質問して頂きました。

 

普通なら面倒だと思うことも熱心に聞いて下さり、メールで写真を送り

「壁面の木工造作の色味に近づけて欲しい」

「小さいお子様がいる家庭なので、怪我しないように角のアールをしっかり仕上げて欲しい」など、こちらの要望も全て汲み取っていただけました。

 

埼玉の木工所さん、ありがとうございました!

 

ちなみにインターホンからドアホンに交換すると、非常呼出ボタンや防犯設備、

火災やガス警報器の互換性が無くなり、使用できなくなるものもあります。

 

 

現在、住宅用火災警報器の設置は義務化されており、

「うちはもともとついているから大丈夫~」と思っていても、

インターホンから電源供給しているシステムの場合、

現行のドアホンに更新すると火災警報器がハリボテ状態になってしまう場合もあります。

皆様も事前にしっかりと打ち合わせしてくださいね。

 

よろしくお願いします~。

 

 

 

照明交換。

先日、照明の交換作業を行いました~。

f:id:lightup-setagaya84:20170606171424j:plain

 

富士型照明器具。メーカーさんによっては富士山を逆さにした形なので「逆富士」なんて名前でも取り扱いされてます。

テナントビルさんでは定番の器具。

 

「富士型器具二灯用の交換をするといくらですか?」と、電話でもお問合せをいただきますが、すみません、、基本的には下見を行わせて下さい、、、、。

 

と言いますのは、今回撤去交換した器具はこちら。

f:id:lightup-setagaya84:20170606171817j:plain

 

一見、普通の富士型器具、、、ではなく中央にあるヒモが見えますか?

f:id:lightup-setagaya84:20170606171807j:plain

 

 こちら、一般の富士型器具+非常灯の機能を兼ねた器具になるんです。 

 

非常灯はたとえば有事(火事や停電)の際、照明に供給されている電気が遮断されると、

自動的に内部の電池へ電源が切り替わり、一定時間はランプが点灯。

急に暗闇にならないよう、その間に外部へ非難が出来るといった機能になります。

 

この引きヒモが点検スイッチでして、器具に設置されている充電池がしっかり充電されているか点検できるスイッチになっています。

 

様々なタイプの非常灯がありますが、このタイプは普段は照明スイッチで入り切りしながら、常に内部の充電池を充電します。

よって配線方式や結線方法が違います。

 

f:id:lightup-setagaya84:20170606171841j:plain

 

これが充電池。経年劣化で充電できていない状況でした。。。

f:id:lightup-setagaya84:20170606171830j:plain

安定器。

ランプのチカチカや点灯が不安定になってきたらこの安定器が原因と言えます。

この器具は大丈夫でしたが、この安定器の周りは熱がこもるので古~い器具ですと内部の配線がパリパリになっていることがあります。

 

照明と一口に言っても、様々な種類が有ります。

 

最近はご自身で判断し問い合わせいただくこともありますが、お気軽のお問合せ下さいね。

 

ちなみにこういった防災関連の不具合を是正せずに放置していると

違反対象物として、消防庁のHPで実名で公表されます。

 

命を守る大切な照明もあるんです。

 

皆様も御確認のほど、よろしくお願い致します。

ご支給品。

先日はご支給品でのエアコン取り付けへ行ってまいりました。

 

3月ごろからお問い合わせがあったお客様でして、連絡待ちの状態だったのですが、そろそろエアコンが必要な気候だな~と思って、先行して御見積だけ仮で作っていたところ、ちょうどご連絡を頂きました。

 

このお客様、非常に丁寧な方でして事前にご支給品の型番もお教え頂き、

作業の当日は作業箇所をキレイに片づけしてくれていたこともあり、スムーズに工事を終えることが出来ました。

前回訪問時、簡単な下見も行っていましたしね。

 

このお客様のお宅はエアコンの配管がお部屋の構造上

既設の「隠ぺい配管」の再使用となっており、一般的な量販店さんじゃ対応不可となる可能性があったんです。

 

以前はよくあったのですが(今回は違います)、

家電量販店のスタッフさんは事前に隠ぺい配管の旨を伝えても「もしかしたら出来るかもしれません!」と言って契約を結ぶようです。

当日は工事業者さんが「作業対応外」といって商品だけ置いていく。

そして、店舗に商品だけの売上はきちんと計上される。

 

なんてこともあるそうで、、、。

 

こういう場合、誰かを悪者にしたくなりますが(笑)、問い合わせくださいね。

 

 

f:id:lightup-setagaya84:20170601170622j:plain

 

エアコン作業時は様々な工具を使うのですが、この2点も自分的にはマストアイテム。

 

 

右側は石鹸水。

配管接続口へ吹きかけプク~ッと膨れればガスが漏れている証拠。

エアコン作業で配管の接続は重要事項です。専用のスプレーもあるのですが、

泡で出てくる石鹸水(ビオレ)を泡で出てくるスプレーボトルに詰め替えて使用しています。手肌に優しい上に吹き上げが楽です。

 

 

左は排水テスト用のポット?です。

中に水を入れ、室内機を設置後に室内機の排水がきちんと出来るかテスト。

とくに隠ぺい配管の場合は既設の排水管のホコリを洗い流すためにも必ず実施します。

古~い塗り壁の場合なんかでも、壁に拝みの傾斜がついていて、手前に溢れることもあります。

 

 

これからの時期、エアコン使う頻度が多くなりますね。

本格的なシーズンになる前に一度フィルターの清掃はお願いします。

先程の配水管にホコリが流れ、目詰まりしても水漏れは起こりますので。

特に布団の上げ下げが多くホコリが舞いやすい寝室は要注意ですよ。

 

 

よろしくお願い致します~。