Light UP ライトアップ(世田谷区若林)

世田谷若林の電気屋さん。お問合せはプロフィール欄からお気軽にどうぞ!

先日のテスター修理~。

https://www.instagram.com/p/BO9sYV5hZz4/

実は下積み時代、会社会長(当時84歳)に買ってもらったものです。入社祝いと言っては大げさですが僕が入社時に会長がわざわざ秋葉原まで買いに行ってくれたというもの。

既に他界されたのですが戦後、電気屋の中でも技術屋さん上がりだった会長は「秋葉原は庭のようなもんだ」と言い、84歳で電車を乗り継ぎテスター1つ買いに行ってくれたのが嬉しかったのを今でもおぼえています。

しかし、このテスターずっと使っていたのですが普段外回りで腰道具に常備しておくには少し大きいので2軍落ちに、、、(会長すみません)。

いつのまにか、どこかしらが断線して、メーターが動いたり動かなかったりと困る状態に。

 

f:id:lightup-setagaya84:20170108165725j:plain

テスターを使ってテスターの断線チェック。まずは一番怪しいリード線をチェック~、問題なし。中央のロータリースイッチ部分を動かすと不具合が解消されたりするので次に中央部分をチェック~。

f:id:lightup-setagaya84:20170108165724j:plain

問題なし。抵抗部分にハンダ浮きも見られず徐々にハマっていきます、、、。

 

断線や漏電の際、見当が付かない場合はを中間部分で回路を切り離し1次側か2次側でどちらがダメか調査していくのがセオリーだと思います。

 

こんなキレイな基盤で断線~?と思いつつ1箇所ずつゼロΩダイヤルや回路をチェック、、、わかった!!原因はこちらでした。

f:id:lightup-setagaya84:20170108172508j:plain

 

電池ボックスと基盤の接続部分の断線でした。目視では全然分かりません、、、。

確かに落下時や振動を加えた時に基盤とちがう揺れ方をするので一番ハンダが浮きやすい部分では有りますよね。ロータリースイッチを動かして症状が変わるのも、接点部分が基盤を押し付けながら回転するため、この押し付けが先ほどの断線部分を微妙に押し下げたり接触させたりさせていたようです。

 

今回は自分自身への「聞き込み」が甘かったため、少し時間が掛かってしまいました。

外回りで落としてしまったことを考えれば、もっと早く解決していたな~と思います。

 

ともかく、また使えるようになって良かった。

これからは車載の1軍として頑張ってもらいます~!

今でも色々と教えてくれた会長には感謝です。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ 電気屋・電気工事店へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ

にほんブログ村

トップ10。

昨年、秋に事務所を構え当初は店舗としてやっていく予定でしたが、作業で外出してしまうことが多く、なかなかお店としてはなかなか開けられない状況といったところでした。

今年は作業も落ち着いたので、もう少し店らしくやっていこうと思います。

 

 

さて、この事務所(店)を構える。ということ。

 

建設関係の友人からは「別に事務所を借りずに自宅でやっていれば良いのでは」。

販売関係の友人からは「電気屋って何売るの?」というお声を沢山いただきました。

 

もちろん電気工事・修理関係に特化するのであれば自宅を事務所として構えればよいと思います。

しかし、僕が目指しているのは「顔の見える電気屋」。

 

現在、地域電気店は家電量販店に押され、言い方は悪いですが危機的状況とも言えます(特に23区内)。しかし、「家のランプが交換できない」、「電気のことをどこに頼めばいいか分からない」といった声が沢山あるのも事実。

これからの高齢化社会、こういった小回りのきく地域電気店は必要なのでないか?と思っています。

実家で高齢のご両親が暮らすところへ誰だかも分からない下請けの下請け業者さんがお邪魔する。

顔も分からない、会社がどこにあるかも分からない業者さんが思い出の詰まった実家を直す、、、。なんだか不安は取れませんよね。

こうした不安を抱えた関係では良い結果が出るとは思えません。

 

そういった事例に応えるためわざわざ事務所を構えました。

 最初は家電の販売はしない予定ですが、電球や照明の販売はします。

工務店さんリフォーム屋さんと違って、電気屋さんはランプ1つの販売でお取引が成立しますもんね。

そういってランプ1つのお取引から信用へ繋げて行けたいと思っています。

 

そして将来的には「子どもたちの将来なりたい職業TOP10」に電気屋さんをランクインさせるのが僕の密かな野望なんです(笑)。

 

店舗としての準備もまだまだこれからです。

 

皆様、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

暦。

みなさんは暦(こよみ)・日柄を気にしますか?冠婚葬祭では当たり前のあれです。

大安とか仏滅、もっと言えば冬至立春などなど、、、。

細かい暦の説明は割愛させていただくとして、この暦。

建築業界では戸建ての上棟やなんかは大安にあわせたりもしますし、中には大型家電を納品する日も日柄を読む方もいます。

 

逆に気にしない方は「そんなものは人が決めたものだ、気にするな」なんて人も、、、。

ちなみに僕が出会った究極(笑)は「年が明けたくらいで何がおめでたいんだ」と、一切新年の挨拶をしない人でした、、、。

 

話を戻しまして、暦を読む人の特徴として

・何事もマメ

・暦の節目節目で気を引き締め直す

・仕事や家業において、新年や季節の変わり目で反省・計画・実践・修正を行う

 

などがあり、まわりには比較的仕事や家業で結果を出している方が多く見受けられます。

 

確かに忙しく毎日に追われ、気がついたら一年が過ぎるような時もありますもんね。

そんな時は暦に頼って(笑)気を引き締めるのも十分有りだと思います。

 

f:id:lightup-setagaya84:20170106103232j:plain

 

成人の日は大安。東京は雲行きが怪しいようですが新成人の方には是非、新しい一歩を踏み出して欲しいです。

 

 

それでは、また~。

 

 

 

長持ちランプ。

年配の方とお話しする場合は電気店としての実力が試される場面が多々あります。

 

お客様「あのう、、長持ちする電球、、、エーエーディ、、、」

僕「長持ちするLEDランプですね!」

お客様「カバーが付いていて夜になると勝手に付いて朝方切れる、それでエーエーエーディが、、、、」

僕「あっ、センサーが付いている照明に長持ちランプですねっ!」

 

横文字は厳禁ですのでLEDも→長持ちランプ。という具合に分かりやすく横文字や専門用語を使わないようにご説明しています。

しかしLEDランプ。ご自身で交換した際の不具合が多いです。

f:id:lightup-setagaya84:20170104145847j:plain

センサー付庭園灯。

暗くなると照明に内蔵されたセンサーにより自動的に点灯します(70%の明るさで点灯)そして人や猫などを感知しますと100%の明るさで点灯します。点灯の仕方はセンサー底面のツマミにより変更は出来ます。

 

しかし、この調光センサーLEDランプ不適合なんです。この明るくなったり暗くなったりする機能がLEDと互換性が無いんですよね~。ON/OFFタイプのセンサーならばまだOKなのですが、70%点灯の調光状態がLEDランプのフラッシュや不点灯を誘発するんです。

一応念のためメーカーに問い合わせしましたが適合ランプは無いとのこと。

 

 

今回、お客様と相談しなるべく費用を掛けずに長持ちランプを使用したいとのことでしたのでこちらを使用しました。

f:id:lightup-setagaya84:20170104150613j:plain

センサー付防水コンセント。

庭園灯の電源は防水コンセントより供給されていたのでこちらに変更することによりコンセントの先をON/OFFのセンサーにすることが出来ます。(もちろんセンサー関係なく電気が取れる差込もあります)。

これに交換しても庭園灯本体にもセンサーは有りますので、本体を分解しセンサーを切り離し致しました。

 

最後にLEDランプへ交換、試験点灯~バッチリ!!(写真は撮っていません)

 

実はこういった賢い器具ほど後々やっかいになったり手間に感じる場面が多いんですよね~、売るほうとしては値段も上がりますし、「便利ですよ~」と売り込みもしやすいんですが、、、。

 

 

尚、今回は最後にもとのスイッチ部分にテプラで

「庭園灯スイッチ、常にオン」と貼らせていただきました。

 

僕が今後このお客様の電気工事を全て請け負うのであれば問題無いのですが、そうとは限りません。何かのきっかけでリフォーム業者さんも入ることもありますし、息子様やご家族の方からのご紹介で他の電気屋さんも入ることもあります。

そうした際にパッと見えるようにするのも(特に電気は見えない・匂わない)業者の役目だと思っています。

「どうせまたうちに頼んでくるからそんなの貼らなくていいんだよ」という姿勢の業者さんも居ますが、、、。

本当に良い業者さんて同業さんからの評判も良いものです。その逆も然り(笑)

 

僕もお客様をはじめ同業の方にも恥じない仕事をやっていきたいと思っています。

 

それではまた~。

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

暮れのご挨拶もせずに大変失礼致しました。

 

元旦は毎年恒例となっています、明治神宮へお参りしてきました。

f:id:lightup-setagaya84:20170102151210j:plain

 

原宿方面からご参拝のかたもいますが、地元及び私鉄経由で来る方は小田急参宮橋からが多いですよね。

昔は参宮橋からの参拝ですと原宿方面からの大行列をわき目に、ス~っと参拝できたのですが、ここ数年は時間調整を受け大晦日なんかはそれなりに待ちます。

f:id:lightup-setagaya84:20170102151211j:plain

 

こちらは東側東神門の手水舎の屋根です。私は電気屋なのですが、建築全般にも興味が有りまして、、、。最近張替えが行われたのか、新しい銅板が光り輝いております。

f:id:lightup-setagaya84:20170102151312j:plain

f:id:lightup-setagaya84:20170102151353j:plain

 

キレイですよ~、是非実際に見て欲しいです。

 

実はこの銅板が長い年月を経てあの「鎌倉の大仏様」のような緑色(緑青)に変化していくのですよね。

一般的(電気屋さん的に)に緑青といえば電線が劣化した状況。

劣化及び修繕対象となります。

しかし昔の建築や芸術の世界では「銅合金の着色に使用されたり、銅板の表面に皮膜を作り内部の腐食防ぐ効果がある」とされています。

 

新年早々、同じ緑青でも見方や扱いかたによって評価が違うんだなぁと感心してしまいした。

僕自身はサビやガタが来ないように頑張っていきたいと思います(笑)。

 

 

少し新年のご挨拶は遅くなってしまいましたが

皆様 本年もよろしくお願いいたします。

感震ブレーカー補助金。

先日の糸魚川市の大火災。木造家屋の密集も延焼につながったようです。

この木造住宅密集地域。

世田谷区内でもエリア分けされ火災危険度別や防火規制などの様々な指定を受けている地域が多数あります。

f:id:lightup-setagaya84:20161226165430j:plain

縦のラインは環状七号線、横のラインは世田谷通り。

細かい網状の地域は災害時活動困難度を考慮した火災危険度ランク4のエリアとなっています。

具体的な地域においては以下の画像。

 

f:id:lightup-setagaya84:20161226171640j:plain

 

 

この地域については地震の際、電気を遮断する「感震ブレーカー」設置補助対象地区となっています。

地震の際の電気火災に非常に有効な感震ブレーカー。簡易的なものから工事が必要なものまで様々です。

先ほど世田谷区に問い合わせしたところ、まだ補助の枠(先着順)はあるとのこと。

 

インターネットやSNSは非常に便利ですが、こういった地域(ローカル)情報は新聞内の折り込み広報や町内会に加入していないと知らないこともたくさんあります。

 

 

手続き、審査等手間に感じる部分も多いですが、是非ご検討ください。

 

f:id:lightup-setagaya84:20161226173508j:plain

下見~。

町田市にあるのポスティング会社さんの倉庫兼事務所の下見へ行ってきました。

f:id:lightup-setagaya84:20161222210738j:plain

 

毎年、冬場になるとブレーカーが落ちるとのこと。子ブレーカーの数に対して、配線が少ないです、、、。

 

そして事務所内は分岐回路より別途分電盤が有りました。

f:id:lightup-setagaya84:20161222210658j:plain

 

こちらはミチミチですね。

ブレーカーが落ちるといっても大きく分けて2つ。

漏電によるものと使い過ぎによるものとあります。

前者の場合は漏電調査となり、後者の場合は

「どのブレーカが落ちたか」がとても重要になってきます。

 

 

メインブレーカーが落ちた際には建物全体での容量が不足していることが考えられますし、小さい子ブレーカーが落ちる際には該当する回路が主に使い過ぎと推測されます。

 

ここからは刑事さながらに「聞き込み」です。

どのブレーカーが落ちたか。冬場の電気機器の仕様状況。

特に事務所さんだと通常稼動時とお客様が打ち合わせ等でいらした際では、電気の仕様量が一気に増えると思います(寒い会議室のエアコンをあらかじめつけておく、お茶出し用に電器ポットでお湯を沸かす等)。

今回は友人に勤める会社さんだったので、根掘り葉掘りお話をお伺いできました。

 

 

ちなみに僕はこの聞き込み→ヒアリングがとても重要だと思っています。

コンセントを増やしたい、ブレーカーの容量を上げたいというお話はよくあるのですが「なぜ増やしたい」か「どこで使いたいか」によって、ご提案できる内容がかなり変わってきます。

回路調査の結果によっては使っている機器の場所のコンセントの差し替えによって工事不要の場合も有りますし、

逆に言われたままに既存のコンセントから増設した場合、増設先にオイルヒーターを設置されブレーカーダウンに、、、なんてこともあります(オイルヒーターはコンセントより単独が基本)。

 

最近の傾向では依頼主様が7~8割方イメージを作ってご依頼をいただく場合が多いです。たまにそのイメージが崩れガックリする方もいらっしゃいますが、、、

こういった状況の場合は色々とご提案させていただければと思いますので、一度声を掛けていただければと思います。

 

また明日からは冷え込みも厳しくなるようです。

 

 

よろしくお願いします。