読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Light UP ライトアップ(世田谷区若林)

世田谷若林の電気屋さん。お問合せはプロフィール欄からお気軽にどうぞ!

ライフスタイルの変化。

個人的にオススメというか自分が子どものときにあればよかったな~という商品です。

f:id:lightup-setagaya84:20170409120839j:plain

LED電球 光色切替えタイプ(ダイニング向け) 9.0W(昼光色/電球色) LDA9GKUDNW 商品概要 | 電球/蛍光灯 | Panasonic

 

地域や家族構成でもかなり変わりますが、

私より上の世代の子どもは自分の部屋の学習机で勉強や宿題をするというのが1つのスタイルだったと思います。

 

しかし、私たちの世代では「自分の部屋」があることがめずらしく(笑)、勉強は食卓や皆であつまる部屋で行うことが増えてきたと思います。

 

だって物心がついた時にはバブルは崩壊してましたし、そんな子どもに一部屋あたえる家に住んでいる余裕のある家庭が少なくなっていたのも事実でした。

 

今でも子ども部屋で宿題をやらせるよりかは、

例えば夕飯を作る際にダイニングで目の届く範囲で勉強してもらうほうが、

子どもも自分も安心するっていうご家庭もいらっしゃるかと思います。

 

しかし暖色系のランプの下では読み書きはしづらい、、、。

そこで上記のランプを使って色味を切り替えられたら勉強も捗るのではないのかと思うんです。

ちなみに私はP社のまわしものではありません(笑)

 

発売当初から良いな~と思っています。

 

と言うのも、昔は家電メーカーさんは文化を提供する側だったんです。

テレビ・洗濯機・冷蔵庫などはまさに人々の文化やライフスタイルを変えたと言っても過言ではありません。

 

しかし今は人々の文化に合わせて商品を作るといった感じで、メーカーさん側がかなり受身の立場になってきたのかな~と感じます。

 

このランプ1つとってみても提供と受身の間での考察している感じ。

 

 

逆に今でも文化やスタイルを発信し続け、そのブランド性を確立しているのがダイソンさんやバルミューダさん。

売れる・売れないというより「うちはこれで行く」っていう気持ちが商品やCMに出ていますもんね。

 

 

私自信はあまり押し気味で行くことは無いのですごく感心します。

しかし、来週の週末は晴れて本日延期になったアンテナ撤去作業を行いたいので、

こればっかりは今から押し気味に願掛けしているところです(笑)

 

それでは、また~。